HOME>イチオシ情報>プロに頼めばあっという間にドアノブ交換が可能です

気になる箇所を直そう

鍵

長い間、同じ家に住み続けていると、新築当時とは違って、家の各部のあちこちの動きが悪くなってくる場合があります。一般的に、家の屋根の耐久年数は何年、壁については何年、といった目安が示される場合がありますが、家の中のドアや電気のスイッチについては、あまり語られることはありません。しかし、こうした小さな部位についても、使用頻度によってはうまく動かなく、ストレスを感じるようになってしまう場合があります。特に、ドアノブについては、可動部の金属同士の摩耗により、少しずつがたつきが生まれ、ドアを開けようとしたときに引っ掛かりが発生するような状態になることも珍しくなく、ドアノブ修理が必要になります。

DIYでは対応できない場合も

鍵

こうしたドアノブ修理をしようとしたときには、汎用性の高いドアノブであれば、ホームセンターなどで部品を購入して交換するという方法もあります。しかし、実際に作業を行おうとすると、事前に品番を確認、購入し、やり方をネットなどで調べるなど、忙しいとなかなか手が回らないものです。さらには、浴槽などの水回りの場合、金属部分が錆びてしまって、決められた手順では対応できないような場合もあるため、部品代+数千円以内の手数料を払ってドアノブ修理を頼むほうがスムーズに行くものです。

まとめて頼むとお得

修理

普段から開閉が気になっている家のドアノブはもちろん、防犯対策をしたほうがよいのでは、と気になっているような箇所を抱えているのであれば、これを機にドアノブ修理業者に相談してみるとよいでしょう。ちょっとした修繕であれば、そのまま請け負ってくれる場合もあるだけではなく、すぐに部品の発注から、修繕までの予定もその場で決めることができてしまいます。また、ドアノブの業界の最新の情報を持っているため、良いアドバイスをもらえるものです。

広告募集中