古い鍵では心配も

鍵

大学へ入学したとか新しい就職が決まったなどの理由で、新しい住居へ移る場合が出て来ます。多くの場合には賃貸マンションなどに入ることになると思われますが、中にはこの賃貸物件に不安を持つ人がいます。それは前の住人がどんな人だったのか判らない上に、もしその人が内緒で合鍵を作っていたらどうしょうと考えてしまうからです。前の住人が大家さんに内緒で作ったことは誰にも判らないことからも、その人を信用するしか方法はありません。しかし独身女性ならそんな心配することも、無理のないことと思われます。出来るならば防犯対策のためにも入居前に鍵の交換をお願いしても良いと思われます。その場合、鍵交換費用は誰が負担することになるのか、疑問に感じても良いでしょう。本来ならば、前の人が出た時点で鍵交換をしておくことが義務のように思えますが、100%実施されているとは限りません。手に渡された鍵は、使った痕があるものかも知れません。基本的には大家さん側に新しくするものとなっているのですが、法律で決まっている訳ではなくお互いの話合いとなることもありますので、注意が必要です。

退去前の鍵に戻す必要も

男性作業員

また無事に鍵交換をしてもらい入居出来た時でも、実生活を送る中で自分で鍵を紛失してしまうことも考えられます。大家さんが側にいるような昼間ならよいのですが、深夜などになった時は本当に困ってしまいます。借主側の都合で鍵交換を勝手にしてしまった時は、その費用は当然のこと自腹となってしまうことになりますが、大家さんへの報告は必ずする必要があります。この時、防犯制を高めるためにと全く新しい鍵に交換してしまったとなると、今度は大家さんの分とスペア分を用意する必要にもなります。つまり一個の鍵を紛失したことで、入り口に‪ついている鍵全体を交換してしまった時には、自分の分、スペアの分、大家さんの分と三つの鍵を用意することになってしまいます。しかし借主は更に大きな問題を抱えることになってしまうのです。借主は部屋を出る時、つまり退去する時には原状回復と言う義務を背負っているのです。つまり大家さんに許可を得て変えた鍵も、元の鍵に戻すと言う義務を持っている訳で、退去時には再度の鍵交換をする必要に迫られることになってしまいます。いくら防犯性が高くなったからと言って、そのままで良いと言う理由にはならないと知っておきましょう。部屋の借主は、勝手に鍵交換は出来ませんので、鍵交換の希望がある時には大家さんと相談することが必要です。その時話の理解する大家さんの時には、交換費用も払わずに済むこともありますので、内緒にだけはしないようにすべきです。

広告募集中